今すぐ20万円借りたい時のBest3!

20万円借りれるカードローン

今すぐ20万円借りる  >>深夜・土日などの休日・雨の日に便利!WEB完結増えてます!


今すぐ借りれる会社ランキング


CMでお馴染み大手 プロミス

来店不要で最短即日融資も可能

土日祝日/借入可能
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
CMでもおなじみ、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス。
30日間無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

>> ▲今すぐ詳細をチェック!

融資利率 融資限度額 スピード
4.5%〜17.8% 500万円 最短1時間借入可能
【最短30分審査回答】


アコム

即日融資の目安:平日14時までに手続完了

土日祝日/借入可能
※アコムは三菱UFJファイナンシャルグループです。
担当スタッフが全て女性ですので、初めてお金を借りる方や、女性でも安心して利用できます。
※パート、アルバイト、派遣社員の方もお申し込み可能

>> ▲今すぐ詳細をチェック!

融資利率 融資限度額 スピード
3.0% 〜 18.0% 800万円 最短1時間融資可能
審査・回答
【最短30分】


アイフル

最短1時間と即日融資も可能!

土日祝日/借入可能
30日間無利息サービス
1秒診断!ご融資可能か即診断できます
CMでおなじみのアイフルは審査がスピーディーでわかりやすく大変便利です。

>> ▲今すぐ詳細をチェック!

融資利率 融資限度額 スピード
4.5%〜18.0% 500万円

20万円借りる時の【2大条件】

低金利重視 スピード重視
銀行でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス! すぐにお金を借りたい!という方はスピーディーな銀行系をチョイス!!

土日・休日に20万円キャッシング

20万円借りる時に必要なもの


カードローンで20万円 即日融資キャッシング


今すぐ20万円借りたい時はネット申込&自動契約機カード受取が便利!


銀行と消費者金融の比較

審査速度 金利 土日休日審査対応
▼ 銀 行
低金利
重視

普 通

低 め

会社による
▼ 消費者金融
スピード重視

早 め

高 め

ほぼOK

※会社によって詳細は異なります。


20万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
× イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★☆☆☆
× オリックス銀行カードローン 1.7% 〜 17.8% 最高
800万円
★★☆☆☆
× じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 800
万円
★★☆☆☆

各社借入限度額

会社名 最低借入金額 借入限度額
プロミス 1万円 500万円
アコム 1万円 800万円
アイフル 1000円 500万円
モビット 1万円 800万円
新生銀行カードローン レイク 1万円 500万円
オリックス銀行カードローン 1,000円 最高800万円
じぶん銀行 10万円 800万円
(10万円単位)
イオン銀行カードローン 10万円 10万円〜800万円
(10万円単位)
イオン銀行イオンアシストプラン 30万円 30万円〜700万円
(10万円単位)
三井住友銀行 10万円 最高800万円
三菱東京UFJ銀行 10万円 800万円

各社金利

会社名 1万円借りたときの1ヶ月の金利 金利
プロミス 146円 / 17.8% 4.5% 〜 17.8%
アコム 147円 / 18.0% 3.0% 〜 18.0%
アイフル 147円 / 18.0% 4.5% 〜 18.0%
モビット 147円 / 18.0% 3.0%〜18.0%
新生銀行カードローン レイク 147円 / 18.0% 4.5% 〜 18.0%
オリックス銀行カードローン 146円 / 17.8% 1.7% 〜 17.8%
じぶん銀行 2.2% 〜 17.5%
イオン銀行カードローン 3.8% 〜 13.8%
イオン銀行イオンアシストプラン 3.8% 〜 13.5%
三井住友銀行 4.0% 〜 14.5%
三菱東京UFJ銀行 1.8% 〜 14.6%

お金を借りる前に

はじめて20万借りる方へ

契約内容を理解できましたか?無理なく確実な返済が可能ですか?
不安がある場合は1人で悩まずに早めに身近な人や、国民生活センター、クレジットカウンセリング協会等に相談しましょう。

今日中に20万円借りたい時、消費者金融と銀行系どちらで借りた方がいい?

急いでる時は消費者金融、でも利息が低いのは銀行系。
どちらかというと審査が通りやすいのは消費者金融。通りにくいのは銀行系みたいな感じの。

みなさんは、二十円借りたいと思ったときに、消費者金融と銀行系と、どちらから融資を受けますか?
それぞれに特徴があるので、そのときの状況に応じて、借り入れ先を選ぶのも良い方法かと思います。
それでは、消費者金融と銀行系それぞれの特徴をあげてみます。


【消費者金融】
審査スピード:審査のスピードが早く、時間をかけずに借り入れが可能です。
審査の厳しさ:比較的緩めなので、銀行系で過去に審査に落ちたことがある方などは、消費者金融での借り入れが近道かと思います。
金利:銀行系と比べると、金利は高めになります。

借入件数が多い方や、即日融資を受けたい方などは、消費者金融での借り入れを検討されると良いかと思います。


【銀行系】
審査スピード:消費者金融と比べると、審査が通るまでに少し時間がかかります。
審査の厳しさ:キャッシング会社全体でみても、審査は少し厳しめとなります。
金利:銀行ということで資金力があることや、審査が厳しい分、金利は低めです。

初めてキャッシングをする方や借入件数が少ない方などは、審査に通りやすいため、銀行系での借り入れを検討されると良いかと思います。

それぞれの利点や特徴がありますので、あなたにとって有利なほうで借り入れしましょう!


20万借りるには

今日中にお金が必要!となったときに、あなたならどうしますか?
前々から予定していた金額ならば、事前にお金を借りるということもできますが、 緊急で即日 20万円!ということになると、話は違ってきます。
特に、今日中に20万円借りたいとなりますと、実現するためには、午前中から午後2時くらいと 早めにお金を借りる準備をしたほうが良いですね。
ここでは、今日中にお金が必要!という方への即日融資でお金を借りる方法などをお伝えしていきます。


今すぐに20万借りる方法

即日融資を受けたい場合のキャッシング方法は、大手消費者金融にてお金を借りるのが、 早く、スムーズにお金を借りれる方法かと思います。
消費者金融は銀行などと比べて審査がスピーディー、 おかげで審査自体にかかる時間も短縮されています。
また、即日融資を“売り”にしているところもあり、 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の『プロミス』、 三菱UFJフィナンシャルグループ『アコム』や三井住友銀行グループの『モビット』などは、 「契約申し込み→審査→審査回答」をスピーディに対応してくれるという徹底ぶりで、 急いで20万借りたい人にとっては、非常に助かるサービスを行っています。

さらに、「今すぐ20万円借りたい」ということなので、 借り入れ時間にもこだわっていきたいですね。
契約申し込みに際して、審査締切時間というものがあるので、 こちらの締切時間内での契約申し込みを心がけましょう。
締切時間前か、締切時間後かで、お金を借りるまでに1日前後の遅れが生じる場合があります。
申し込みをして、審査が通ってそのうちお金を借りれればいいや〜というくらいののんびりスケジュールのときは良いのですが、緊急 キャッシングの時には、しっかりと締切時間を把握して申し込みを行うと、 より早い融資スピードでお金を借りることができます。
※平日14時までに契約申し込み完了で、当日借り入れOKという会社が多くあります。詳細は、実際にお金を借りる業者の契約条件をご確認ください


二十万円借りたい!でも低金利だとさらにうれしい!

二十万円借りたい!でもお金が必要な日まで数日だけ余裕がある。審査時間をちょっと待つから、 同時に低金利のキャッシングを利用したいな…という方にお勧めなのが、銀行からお金を借りることです。
低金利といったら、やっぱり銀行からお金を借りることです!
ただ、銀行からお金を借りる場合には、消費者金融よりも審査が厳しいということや、審査自体に時間がかかるということもある点をご注意ください。

「即日融資で今すぐにお金借りたい!」というときには消費者金融でお金を借りる、「低金利でお金を借りたい!」というときには銀行でお金を借りる…など、お金を借りる際の状況によって、臨機応変に借り入れ方法を変えてみるのも、賢いかもしれません。


二十万円借りれるQ&A

騙されたくないヤミ金

ヤミ金とは貸金業を規制する法律のルールに則らずに業務を営み、法外の高金利を請求したり、恐喝まがいの取り立てをしたり、しつこく借入れの勧誘をするなどする業者のことをいいます。 基本的に貸金業を営むにあたっては「貸金業の規制等に関する法律」に基いて、国または都道府県に貸金業登録の届出を行わねばなりません。 そして、きちんと届出が行われると国または都道府県より、貸金業登録番号が付与されます。 信頼のおける業者は業務を行うにあたり、この登録番号を掲げています。 ヤミ金はこの届出をしていませんから、当然、登録番号は持っていません。 しかし、恐いのは虚偽の登録番号を提示していくることがあることです。 正式に登録のある業者かどうかは、金融庁のデータベースで検索するか、財務局又は都道府県へ最新情報を照会することによって確認がとれます。 名の知れた大手で借りるなら別として、名前を聞いたことがない業者である場合は、登録されているかを確認するのが安心でしょう。 中には大手の業者やその関連会社を装って、利用者を騙そうとするところもあります。 大手で融資を断られた人などに、うちなら借りられるなどと勧誘して高金利をむさぼられる危険性があるので、上手い話には乗らないのが賢明です。 中には名の知れた業者の自動契約機やATMコーナーなどで待ち伏せして、有利に借りられるなどと言葉巧みに勧誘してくるヤミ金もいます。 また、法律で禁止されている銀行の通帳やキャッシュカード、年金証書などを担保にお金を貸すなどと言ってくる業者もあるので、誘いに乗らないよう気を付けてください。

金融と年金利回り法の関係性について

年金利回り法とは実質金利の計算方法のことで、これで算出された金利を一般的に実質年率と呼びます。 この計算方法の場合、返済金額が確定した場合返済額から経過期間中の利息を差し引いて、残った金額を元金充当分として計算します。 100,000円を年利10%で借りた場合は、年間の利息は10,000円ということになりますが、一か月の利息を求める計算式の場合は、100,000円×年利10%÷365日×30日で約822円となります。 上記の条件で、一か月の返済金額を10,000円と設定した場合、10,000円-822円=9178円が元金充当分ということになります。 このように、計算で導き出された金利を返済金額から差し引いて元金充当分とするということです。 利息のみを支払う形でもない限り、元金充当分の返済が済むことになるので、返済金額も減っていくことになります。 そうすると、次回返済時の利息の金額も変化していくので、返済時には毎回計算が必要となります。 このように、年金利回り法による計算はキャッシングやカードローンなど、お金を借りる際には誰でも必要となるものです。 そのため、法律では実質年率の表示を義務付けており、その実質年率によって計算が分かりやすくなるようにしています。 ただし、実質年利と書かれていた場合には、年金利回り法で算出した年利の表示になりますが、実質年率と書かれていた場合には、年利以外にも手数料などが含まれるのでそのようなところにも注意しなければなりません。