キャッシングカードとは

クレジットカードとキャッシングカード比較

気軽にお金の融通を利かせることができるクレジットカードとキャッシングカードですが、その違いはどこにあるのか比較してみましょう。
ともに利用者に信用を供与するもの、つまり、その人を信頼して一定のお金に関するサービスを提供するものである点は共通です。
まず、クレジットカードのメインの機能は、利用者を信用して支払いを先延ばししてくれるものです。
本来、商品の購入やサービスの提供と代金の支払いは同時に行われるものです。
ですが、その場で現金で支払う代わりに、クレジットカードで決済することによって、その時点で利用者はお金を払うことなく商品を受け取ったり、食事をしたり、サービスの提供を受けることができます。
この時何が起きているかというと、クレジット会社が利用者に代わってお店に立て替え払いをしてくれているのです。
しかも、一括払いや分割2回払いまでは利息も発生しません。
3分割以上やリボ払いでは利息が発生するものの、その時点でお金を持っていなくても、物やサービスを購入できるメリットがあります。
また、希望すれば利息を払ってお金を借りるキャッシング機能をつけることも可能です。
これに対し、キャッシングカードは買い物やサービス利用の決済機能はなく、借入専用のカードになります。
借り入れたお金の使い道は基本的に自由で、生活費に充てたり、現金払いしか認められない支払いに使ったりすることも可能です。
両者には立て替え払いという形でお金を借りているのか、直接現金にてお金を借りるのかの違いがあるといえるでしょう。

関連ページ

カードローンのメリット
カードローンのメリットとは!?役立つ知識や情報を公開しています。
キャッシング20万の金利とは
キャッシング20万の金利とは!?役立つ知識や情報を公開しています。