約定利率とは

当事者同士の間で成立する約定利率

債権者が債務者にお金を貸し出す際に発生するのが金利です。 貸金業が業務を行う際には、法律によって定められた上限の利率の範囲内で金利をつける義務があります。
現在の金銭消費貸借契約(いわゆる借金、ローン、キャッシング)に適応されているのは利息制限法による利率で、元本の残高に対して15〜20%の範囲内となっています。 これを「法定利率」といいます。
出資法では利率29.2%が上限となっており、貸金業者はこの上限を超えた貸し付けを行う処罰されることになっています。 いわゆるグレーゾーンというのは処罰の対象になってない利息制限法と出資法の上限の間の利率で行われる貸し付けのことです。 債務者は利息制限法に基づいてグレーゾーンで払いすぎた金利分を返還要求することができます。
ただし、債権者のほうの言い分として「契約時に債務者との間で取り決めて同意を得た契約内容なので返還する必要はない」と返還に応じてもらえない場合もあります。 この契約で設定された利率というのは「約定利率」といって、債権者が一定の条件を満たせば設定することのできる利率になります。
法定利率を超えていても、契約時に債務者が同意して契約を交わしてしまえば約定利率をつけた借金を弁済する義務が発生しかねません。 ですから金融機関を利用してお金を借りる場合には、契約内容に良く目を通し把握した上で契約しないと泣き寝入りしなければならなくなります。
もし過去の借金で金利に関するトラブルが起こっている可能性があるなら、法律の力で解決することも可能です。 法律相談事務所に相談してみることをおすすめします。

関連ページ

優遇金利とは
優遇金利とは!?役立つ知識や情報を公開しています。
システム金融とは
システム金融とは!?役立つ知識や情報を公開しています。
固定金利とは
固定金利とは!?役立つ知識や情報を公開しています。
お金を借りるには
お金を借りるには!?役立つ知識や情報を公開しています。