住宅ローンとは

住宅ローンてどうして利息が安いの?

他のいろいろなローンと比べると、住宅ローンの金利の安さはとてもうらやましくなるものですよね。
このローンの金利の安さはどうしてでしょうか。
理由は、やはり借り入れの金額がとても大きいということがあります。
借り入れの時には数千万円を一気に借りるのですから、とても大きな借金であることがわかりますよね。
その分利率も安めになっています。
もう一つは扱っている金融機関がとても多いということです。
このローンは主に銀行で行っているローンですが、とにかくいろいろなところで借り入れができるようになっているので、少しでも利用者を増やすのであれば利息が安いというメリットが大きいところである必要があるのですね。
また、住宅ローンを実施しているのは基本的に銀行であることが多いものです。
銀行は基本的にいろいろなローンの中でも金利が安めになっています。
その分審査は難しく厳しいのですが、一方で用途がしっかり定められているのであればきちんとローンを組めるようになっていますよ。
最後に、担保がしっかりあるということも大事なポイントでしょう。
住宅ローンの場合は担保はもちろんその新しく建つ住宅と土地になりますから、もし何かあった場合は住宅を取り上げればいいので、リスクが少ない借金といえるでしょう。
無担保のローンがとても利率が高いのとは対照的ですね。
ただ、ローンであることに変わりはありません。
毎月しっかり返済することが大事なことと家rますね。

関連ページ

元金均等返済とは
元金均等返済のしくみとは!?役立つ知識や情報を公開しています。
実質金利とは
実質金利とは!?役立つ知識や情報を公開しています。
福祉資金とは
福祉資金とは!?役立つ知識や情報を公開しています。