免責とは

自己破産のポイントは免責

沢山の借金を作ってしまった時、自分の返済能力ではどうしようもない状態に陥ってしまうことがあります。 色々なところでお金を借りだすといつの間にか雪だるま式に増えて行ってしまい、結果的に手も足も出ない状態になってしまうのです。
ただこうなった時は債務整理を利用し、借金自体を減額・免除してもらうのが一般的となっています。 ただ実は自己破産に関しては、それをすれば借金を返済しなくても良いと思っている人が多く居ますが、実はちょっと違うのを知っておきましょう。
自己破産自体は、破産と免責、両方の手続きを取る必要があります。 前者はもうお金を返す事が出来ないという宣言をする事です。 後者はその借金の返済義務がなくなる事を言います。
つまり、破産は出来ても免責許可が下りなければ破産者にはなっていますが相変わらず債務は残ったままという事になってしまうのです。 従って、今ある借金をなしにしたい、自己破産をしたいと思ったらこの事についてはよく理解しておくようにしましょう。
ちなみに、破産の申し立てをしても、全員が借金の免除をしてもらえると言ったらそうではありません。 例えばギャンブルで借金を作ってしまったとか、虚偽の書類を出したりするとその許可は一般的にはおりなくなってしまいます。
しかし裁判所の方がやはりその許可を出すべきだと判断した時は免責許可が出るので、そうなれば借金はその申請をした日の分から免除される事になるのです。

関連ページ

ブラックリストとは
ブラックリストとは!?役立つ知識や情報を公開しています。
リボルビング残高とは
利息が計算しやすいリボルビング残高とは!?役立つ知識や情報を公開しています。
総量規制とは
総量規制とは!?役立つ知識や情報を公開しています。