リボルビング残高とは

利息が計算しやすいリボルビング残高

リボルビング残高とは、リボルビング方式での残高を指します。
通常、ローンを組めば元金と利息は別々に計算されて、利息を支払うとともに元金を返済していくという方法をとるのが一般的です。

リボルビング方式ではこれらを一緒にしたもので、合計したものがリボルビング残高になります。 ある月に残高があり、そのまま翌月になると利息が発生するのですが、この利息と元々の残高を合計して新たな残高とします。

このようにして残高に利息を加えて新たな残高とすることによって利息や返済金額が計算しやすくなるというメリットがあります。
カードローンなどでは借入をして、そして完済をする前に新たに借り入れをすると言うことも行われます。 限度額の範囲で何度でも借り入れができるのが便利な点なのですが、このときに借りるたびに返済計画を立てていると返済が非常に複雑になってしまうでしょう。 リボルビング方式の場合、何度借入をしたとしても残高が増えるだけですから、複雑な返済になる事はありません。

借り入れをする人が知っておくべき事は残高だけで、言ってみればこれが元金とも言えるのです。 後いくら残っていて、元金がいくらで利息がいくらというように複雑なことを考える必要はなく、リボルビング残高だけを把握しておけばどれくらい借りていて、そして返済金額がどれくらいなのかを把握することができます。

リボルビング方式ではこのようなメリットがあるために、限度額を定めてその範囲で借り入れのできるローンで採用されています。

関連ページ

ブラックリストとは
ブラックリストとは!?役立つ知識や情報を公開しています。
免責とは
免責とは!?役立つ知識や情報を公開しています。
総量規制とは
総量規制とは!?役立つ知識や情報を公開しています。