ちょっとお休み経済コラム | 今すぐ20万円借りたい時のBest3!

ちょっとお休み経済コラム

五輪観戦よりお買い物? 巨大ショッピングモールの魔力
産経新聞 2012/07/27

【ロンドン余話】
オリンピック・スタジアム近くにこのほどオープンした巨大ショッピングモールが早くも人気を博しているという。 そのモールとは、ロンドン東部のウエストフィールド・ストラットフォード・シティー・モールで、24時間営業のカジノ、70軒のレストラン、14のボーリングレーン、250店の小売店から成り立っている。 AP通信の記事では、このモールが「人間行動学的に興味深い疑問を投げかけている」としている。 すなわち、「国際的なスポーツイベントの興味をそいで、それを忘れさせることは可能か?」、「オリンピック・パークからほんの少し離れたこれらの充実した施設に魅せられて、オリンピック・パークへの旅行を終わらせてしまうのではないか?」ということだ。 この問いに対して、新しいモールの開発管理者であるジョン・バートン氏は「実際にそうあることを望みます」と答えている。 もちろん、冗談半分ではあるが、17億5000万ポンド(約2185億円)をかけたモールがそれほど魅力的であることに違いはないといえる。 モールは公共交通機関のハブからオリンピック・パークのメーンの入り口の中間に位置しており、競技を見に行く人のおよそ75%が通過しなければならないのも、ジョン・バートン氏が自信を見せる理由のひとつなのだろうか。


<経済コラムお答え版>
4年に一度のオリンピックイヤー! 普段はスポーツにうとい私も、この年ばかりは、テレビに釘付けになります。 時差の関係もあり、主要競技の開催が夜中になることから、夕方に寝貯めして、夜通し起きていたりなんかして。 そんなにわかスポーツファン!?の私ですが、インターネットで興味深い記事を見つけました。 このショッピングモールに限らず、オリンピック開催地では、宿泊、飲食、観光...と経済効果がすごいんでしょうねー!
特にこのモールでは、公共交通機関のハブからオリンピック・パークのメーンの入り口の中間に位置していることから、競技を見に行く人のおよそ75%が通過しなければならない
...なんて、まさにうってつけの"おいしい位置"にあるんですね!まさに、うはうはwじゃないですか。(笑) 某都知事(ってバレバレですが:笑)が、躍起になってオリンピック開催を叫ぶ気持ちが、わからなくもないですね。
とはいえ、経済的にはたいへん魅力的な世界イベントですが、セキュリティ的にどうなんだろう?と住民として不安になる気がしないでもないですが...。
なにはともあれ、このまま選手のみなさんが怪我なくオリンピックを終えてほしいものです。


ちょっとお休み経済コラム

ちょっとお休み経済コラム


ページトップへ戻る