アイフルから20万円借りる | 今すぐ20万円借りたい時のBest3!

東証一部上場のアイフル

東証一部上場のアイフル

実質年率4.5%~18.0% 限度額500万円
保証人不要 最短即日融資

詳細・お申し込み

アイフルお申し込み・ご契約方法

  • パソコン、ケータイ、スマートフォンによるWeb契約申し込み (※1)
  • (※1)インターネットでは24時間365日申し込みを受付しています。
  • 店頭窓口による申し込み (※2)
  • 自動契約機による契約申し込みなど (※2)
  • (※2)今すぐにお金を借りたい場合は、インターネット申し込みを行った上で電話連絡をしたり、窓口や自動契約機で契約をすると、待ち時間もなくスムーズです。

どちらの条件で選ぶ!?「20万円借りる」時の【2大条件】     ※ランキング形式で分かりやすい!※

20万円借りる:融資スピード 20万円借りる:低金利

20万即日融資 20万低金利


今すぐ疑問箱:住宅ローン控除を受ける対象とは

夢のマイホームである新築住宅に中古住宅の収得をした、またはバリアフリーの改修工事にリフォームや省エネといった、年末のローン残高に対して税金が安くなることを住宅ローン控除といいます。 このローン控除を受ける対象者としては、上記のとおりですが、利用条件というのがあります。 住宅を習得したから半年以内に入居をし、その年の12月31日まで引き続き住居していること。 その年の合計所得、会社員は給与所得控除後の金額が、3000万円以下であることが控除を受けられます。 また、利用できるローン条件ですが、住宅ローン控除の返済期間が10年以上であることです。 また、建物の条件としては、登記簿上で新築でも中古住宅でも、床面積が50平方メートル以上であることです。 さらに、マンションなどでは耐火建築物の建物では、収得日以前25年以内に建築されたもの。 耐火建築物以外の建物は、収得日以前から20年までに建築されたかということです。 平成17年4月1日以後の収得では、耐震基準適合証明書で家の調査が終えたものは、収得日の2年以内に住宅性能評価書で、耐震等級3以上であると評価されたものでなければなりません。 現在の住宅ローン控除はこのようですが、自体や経済環境により、その時の仕組みが変わってしまうこともあります。 繰り上げ返済や借り換えなどをする場合、ローンの見直しをしようとするのならば、借り換え前の契約が切れ、新しい借入契約となりますので、注意も必要です。

ページトップへ戻る