じぶん銀行から20万円借りる | 今すぐ20万円借りたい時のBest3!

じぶん銀行

じぶん銀行

実質年率2.2%~17.5% 限度額800万円
保証人不要※300万円以下の場合 最短即日融資

詳細・お申し込み

じぶん銀行カードローン お申し込み・ご契約方法

  • じぶんローンは、限度額300万円までなら収入証明書不要
  • ※じぶん銀行口座をお持ちでないお客さまは本人確認書類を提出する必要があります。
  • 本人確認書類原則不要
  • わずらわしい書類の提出が原則不要でお申込みから契約までがネットで完結
  • 郵送による契約申し込み

どちらの条件で選ぶ!?「20万円借りる」時の【2大条件】     ※ランキング形式で分かりやすい!※

20万円借りる:融資スピード 20万円借りる:低金利

20万即日融資 20万低金利


今すぐ疑問箱:連帯保証人と保証人の違い

今までで誰もが一度は言われた事があるかと思います。 それが「保証人にだけはなるな」という言葉です。 実際に保証人とは2種類あります。 大きな違いと言いますと、責任の度合いです。 単純な保証人とはその名の通り保証するだけの人で、つまりは借金をした人に何かがあった場合にのみ代りに返済をします。 もし債権者が自分の所へ来ても、責任は借金をした本人が優先であり、保証人はその後になります。 債務者に支払い能力があるのなら、完済するまで保証人に支払い義務は発生しません。 そして保証人は1人で無くても良いのです。 例えば、知人が1,000万の借金をしたとします。 保証人が2人ならば、本人が500万で保証人が250万ずつ支払う事になります。 本人が優先なので嫌なら断れば、責任転嫁はありません。 しかしこれが連帯保証人となると、借金をした本人と同等の責任が問われます。 ですので債権者が、借金をした人よりも保証人の方が支払い能力があると判断した場合、支払わなければなりません。 「自分の身に覚えがない」と断わる事が出来ないのが特徴です。 先ほどの例えで言いますと、連帯保証人ならば1,000万の支払いになってしまうのです。 1人という決まりはない為、2人でも良いのですが、必ずしも500万ずつの支払いで良いとは限りません。 いくら保証するかという決まりはありませんので、それぞれに話し合いで負担額を決めます。 そのため、負担額が大きく膨れ上がったとしても、サインをした以上、断ることができないのです。

ページトップへ戻る