モビットから20万円借りる

三井住友銀行グループのモビット


実質年率 3.0%〜18.0% 限度額 800
万円
保証人 不要 最短
即日融資
○※
※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

モビットお申し込み・ご契約方法

お申込み・ご契約方法

パソコン、携帯電話、スマートフォンによるWeb契約申込み ※1

※1 インターネットでは24時間365日申込みを受付しています。


店頭窓口による契約申込み

近くの銀行・コンビニでご利用可能!

口座振替で返済可能、銀行振込で返済可能、提携ATMで返済可能

20万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
× イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★☆☆☆
× オリックス銀行カードローン 1.7% 〜 17.8% 最高
800万円
★★☆☆☆
× じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 800
万円
★★☆☆☆


キャッシング辞書

何が違うの?信販系カードローン
信販系カードローンを知るには、そもそもローンカードを発行する信販会社について知ることから始めるのがいいでしょう。 おそらく、信販会社、クレジットカード会社、消費者金融という貸金業者の違いがよく分かっていないという方が多いのではないでしょうか。 今でこそ同じような貸金業を営んでいますが、そもそも、本業がそれぞれ異なります。 信販会社の本業は割賦販売です。 高額商品の購入をした際に、何分割で支払うというローンを提供しているのが信販会社なのです。 これに対し、クレジットカード会社は商品の購入ごとにローンを提供するのではなく、あらかじめ利用枠を定めたクレジットカードを発行し、その範囲で加盟店において自由に買い物やサービス利用ができる仕組みです。 そして、消費者金融は小口の貸付が本業であり、純粋な貸金業者といえるでしょう。 信販会社やクレジットカード会社が貸付を行うには、消費者金融と同じように貸金業登録をしなければなりません。 逆に言うと貸金業登録をしない限りは、信販会社やクレジットカード会社がカードローンを扱うことはできません。 もちろん、消費者金融会社も正式な登録を受けることが求められます。 信販系カードローンの特徴としては、貸金業のほかにショッピングローンによる利息収入や、提携販売店からの手数料収入などが入ってくるため、比較的金利が低く設定されていることが挙げられるかもしれません。 また、もともとが買い物をしたいという消費者のニーズに応える審査ノウハウを構築しているため、比較的審査も通りやすい特徴があります。